読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baicaiの欠片

なんちゃっ哲学はじめました

勢いでドゥルーズも読み始めた

ジル・ドゥルーズ (シリーズ現代思想ガイドブック)

 先日『現代思想ガイドブック ボードリヤール』を走り読みした勢いで積んでいた『ドゥルーズ』も読み始めてしまった。当然メモなんて取っていない。そして難解である。とても常識的に非常識を語ってくるこのおじさんは、食えないおじさんである

 

 初めから非常識であればこちらも構えようがあるのであるが、その立ち振る舞いはとても常識的なのだ。その常識的な立ち振る舞いからときおりこっそりおかしな理論を混ぜてくる。そしてきっとその混ぜられた非常識が重要なポイントでも或る。

 

 そのたびにこちらはそれまで組み立てられてきた常識に薄い非常識の板を差し込む隙間を探さねばならない。これは分からない。まだ、全部を読んだわけでは無いが今の感覚はそんな感じである。

 

 突き詰めてしまえば、本来の”生”というイメージは人間的なものではなくて、もっと原始的なアメーバのようなものなんだよ、ということをいっているだけのようにも思える。だから、”人間的な生”なんて思い上がりで考えるのはやめなさいって。

 

 少々薄っぺらいかもしれない。この読み方では理解も薄いだろう。自分の膨れるイメージに例えて理解するしかない。でも、このおじさんを理解するのはタイヘンそうだ。きっとメモをとってもおいそれとは近づけない。