読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baicaiの欠片

なんちゃっ哲学はじめました

日記 - いい記事だったので

newsbiz.yahoo.co.jp

 記事が述べるとおり、確かになんとなく忘れていたイスラム国とその周辺の問題について。その暴力性とか正当性とかではなくて、その問題の構造を述べた昨今のニュースらしくない良い記事でしたのでご紹介。

 

 最近、こういう問題の構造を指摘できるニュースってあまり無いような印象を受けます。そういう考え方を出来る人もあまりいないのか? 面倒くさいからそういう発言をしないのか? はたまた、感情に訴えたりするほうが徳だからそうなっているのか?

 

 ちょっと考えてしまいます。件の記事も最後に(本稿は筆者個人の見解です)”とわざわざ明記されていたり。この手の問題に対する構造の解釈は一つではないから、間違えると怒られる。そんなリスク管理の問題なのだろうか?? 

 

  だから、情報源がはっきりしていて、万が一の場合はそこに責任を取ってもらえる情報が飛び交うような現状となっているのだろうか? しかしながら、責任を取ってもらえる情報とは、情報源にとって都合が良い情報だから責任を持つのだろう。

 

 ならば、情報というものは? 責任というものは? 報道というものは? はたして?? 件の記事は非常に良く出来た記事だと思える。そんな記事がブログと同じように (本稿は筆者個人の見解です)を付け加えなければならない。そんな所に少し疑問を覚えた。

 

蛇足…

まぁ、JBpressってのがそういう編集をしているところなんだろうけれども